竜の系譜 ~プロローグ~

あなたにとって、モンスタハンターはどんな世界ですか?

 

おはようございます。

永い間、モンスターハンターの世界に、あたしの分身が、へたれハンターとしてで

すが身を置いてきて、いつも思っていた事、思っていること、それは

  モンスタハンターの世界ってどんななんだろう?

  どんな世界なんだろう?

という疑問、と言うよりは興味です。

 カプコンさんからは、モンスタハンターの世界観についての公式なコメントはな

いと認識しているのですが、興味を持たれる方々が、各シリーズに散見される、都

市や街、村、フィールド等々に関する断片的な情報を集積させ、そして何よりも想

像を逞しくさせて、人それぞれの様々なモンスターハンターワールドを築き、ウィ

キペディアでは、ひとつの統一された見解として、モンスターハンターワールドマ

ップ的な物も現在進行形で構築されています。

 例えば、指輪物語や、風の谷のナウシカ等に代表されるファンタジーでは、その

多くが作者自身、或いは関係者、関係機関によって、その作品の世界観、地図(略

図であったりはしますが)を発表しているので、そこに、読者の想像が割り込む余

地はありません。

 しかし、モンスターハンターにはそれがない。

 個々のプレーヤーが好きに想像し、プレーヤー毎の世界観が存在することを許さ

れる・・・モンスタハンターは、イマジネーションフリーな世界なのだとあたしは

思っています。

  

 あたしのモンスターハンターの世界観は? 

 

 

プロローグ

 ポッケ村からドンドルマへ向かっていた隊商が、1頭の竜に襲われたという話は

間もなくドンドルマに所在する龍歴院の本部に、至急報としてもたらされた。

 「積み荷は、積み荷は無事なのか?」

 長老のアナンダが、長官室に駆け込んで来るなり大声を上げた。

 長官席にすわってぶ厚い本に見入っていた、龍歴院長官のサラシナは、ユクモ村

出身の元ハンターらしく、ユクモ団子と呼ばれるハンター編みで結わえ上げた、長

い栗色の髪の毛の丸めた部分に手を添え、小首をかしげて顔を上げると、入ってき

たアナンダをじっと見つめた。

 「アナンダ様は、人の命よりも積み荷の方が心配なのですか?」

 「いや、そんなことはない。ただ・・・その、中身が中身だけにな・・・フム、

 隊員達は無事なのか?」

 ばつの悪そうな表情でアナンダが尋ね直した。

 サラシナは「フフッ」と微笑むと、立ち上がって、はるか白山(ビャクゼン)

の険しくも白銀に光輝く姿を一望できる窓辺に近づいた。

 「御心配は要りません。隊も積み荷も無事にノーダラに到着したと連絡が入って

 おります。」

 「おお!さようか。積み荷は・・・いや隊員は無事じゃったか。」

 手を叩いてうなずきながら、アナンダは、ほっとした表情で窓辺に近づいた。

 「ただ・・・。」

 「ん?ただなんじゃ?」

 「はい、竜は逃げて行ったそうです。何もせずに、いえ、何も出来ずに。」

 「何?何も出来ずに逃げ出した?どういうことじゃ?」

 アナンダは、窓際のソファーにどかっと腰を降ろすと尋ねた。

 サラシナは、目を細めて白山を見つめたまま、独り言のように答えた。

 「隊の護衛を担当したカシュガルが、今までに見たこともない竜だったと言って

 いるのです。」

 「ほほー、カシュガルと言えば、元討伐隊対飛竜のスペシャリストではないか!

 そ奴が見たことがない竜、と言うのはいったい・・・」

 「たぶん。」

 そう言うと、サラシナは一旦言葉を切って、先程まで見ていた分厚い本を手に取

り、開いているページをアナンダに見せた。

 龍の系譜と題されたその本の中身は、ギルド所属の歴戦のハンター達が、闘った

過去から現在に至るまでの膨大な記録は基より、世界中を縦横無尽に行き交う隊商

や旅人等が遭遇した記録をベースに、或いは神話や寓話として太古より語り継がれ

てきた伝説等の、いわゆる憶測、推測など、フィクション的要素も敢えて否定せず

この世に存在する或いは存在するであろう、又は存在するかもしれない竜の全てを

網羅してそれぞれの個体を系統立て説明するといった内容だった。

 「彼の見た、隊を襲った竜とは、たぶんこれではないかと思うのです。」

 開かれたページに見入るアナンダの目がみるみる険しくなっていく。

 しばらく沈黙が続いたあと、アナンダは険しい声でつぶやいた。

 「クシャルダオラ・・・まさか・・・。」

 サラシナはゆっくりとうなずいた。

 「全身に風をまとっていたとカシュガルは言っています。そんな竜、こいつしか

 見当たらない。積み荷の内容が内容なだけに、それを狙う輩がいるであろう事は

 十分予想出来、だからこそ、カシュガルをリーダーに、6人ものハンター達に護

 衛を担当させたのです。でも、襲ったのは竜で、しかもそれが・・・まさか古竜

 が現れるなんて・・・」

 「ふむ・・・たまたまのことかもしれんがな・・・それよりも。」

 アナンダはクシャルダオラの脅威について記された部分を見つめながら続けた。

 「ここにも書いてあるとおり、クシャルダオラは、神話級の古竜ではあるが信憑

 性の高い遭遇記録も残っており、史実として、災難級レベルの非常に危険な竜と

 して実在するものとわしは認識しておる。」

 アナンダは本から目を反らし、どうにも納得がいかないといった面持ちでそのあ

 とを続けた。

 「そんな危険極まりない竜がだ・・・積み荷を襲う目的で現れたと言うのも深刻

 な話だが、それよりも、隊商も積み荷も無事だと言う・・・その竜がクシャルダ

 オラだったのならなおさらだ・・・災難級にランクされるほどの危険極まりない

 竜が、何も出来ずに逃げ出したと言うのは、いったい全体どういうことなのだ

 ・・・何が起こったのだ・・・現地で。」

 それにはサラシナも、わたしだって信じられないと言った表情で答えた。

 「アナンダ様。確かにクシャルダオラが現れたって事も驚きですが、その竜が逃

 げ出した理由に、実はわたしも一番驚いているのです。」

 席にもどるとサラシナは目を閉じ、首を横に振りながら、噛み締めるようにあと

 を続けた。

 「カシュガルは、ハンターが現れて追い払ったというのです。」

 「なに?ハンターが?」

 「はい。しかも一人で・・・彼女は、クシャルダオラの前に弓を持って立ちはだ

 かると、すざまじい勢いで竜の回りを走り回りながら次々に矢を射て、竜がまと

 っていた風を散りじりに飛散させ、最後に竜の眉間めがけて複数の矢を同時に放

 ったそうです。結局、その矢が放たれる寸前に、負けを悟ったクシャルダオラ

 飛び去った・・・・と言うのです。」

  「彼女だと?・・・そのハンターは女なのか。」

 「そうです。しかも耳の尖った・・・彼女は竜人族だったというのです。」

       

                   竜の系譜 プロローグ 完

 

 あたしなりのモンスターハンターの世界を、小説にしようと思います!

 永年の夢だったんです!

 さて、どうなることやら・・・

 不定期ですが、XXの活動記録の合間合間に連載させていただきます。

 お楽しみに~^^

マイハンマ~^^

1日かかりました><

 

こんにちわ~!

昨夜、息子がクラブ遠征から帰ってきました。

ホッケー部(アイスホッケーではありません。

フィールドホッケーの方です。)なんですけどね。

案の定と言うか、毎度の如くなわけですが

洗濯物の山なのでございます><

ってことで、仕事がお休みの今日

まさに、洗濯の鬼、掃除の化身となって家事に励みました><

で、その合間合間にちゃっかりと^^

・・・ハンタ~は今日も狩るのでございます! 

 

さて

ハンマースキルについて、これだけは譲れない!

なんてこと(高級耳栓、超会心云々)を以前書きましたが

今日、鍛冶屋のおじちゃんにその話をしたところ

「あんたにゃ~荷が重過ぎるぞいw」

「ま、当分は安もんでえ~から。もうちょっと腕を磨きんしゃい。」

なんて嗜められ><

それでもあきらめきれずに、おじちゃんに喰い下がった結果

「しゃ~ね~な~・・・ほらよwこんなのでどうだい。」

 

やた~~^^

足りない素材を集めるために何度もクエに行き

ほぼ1日がかりで、さっきやっと完成しました~!!

 

頭 ガルルガフェイク (スロなし)

胴 ギザミXRメイル (防音珠1)

腕 シルバーソルアーム (達人珠1)

腰 S・ソルXRフォールド (スロなし)

足 GXギザミグリーブ (スロなし)

護石 達人10(穴なし)

  

なんとしても高級耳栓をつけたかったので

ほかのスキルとの兼ね合いから

防御力が最終強化しても78と、メチャ低なんですが

ガルルガフェイクに頼らざるを得ないのが辛いところ。

 

それと、もっと良い護石持ってればいいのですがね~w

く~~~掘らねば><

 

また、高級耳栓実現のためには、どうしても防音珠4(スロ3)

に頼らなくてはなりませんでした。

なので、結局ハンマーはスロ3付きならこれしかないわw

カマキリになっちゃいましたw

 

以上の構成で実現したスキルは・・・

 高級耳栓 見切り+2 業物 超会心

 

・・・当初目指した

・・・と言うか、宣言したスキル構成からは

ほど遠いものとなってしまいました><

 

が!

物は考えようなのですw

スタミナ奪取や、KOの代わりに

切れ味の長持ちする見切り2のついた超会心に

会心率40%のカマキリハンマーとで

当たれば会心!超かいし~~~ん!!!が実現w

 

つまり、あたしみたいな下手な鉄砲打ちでも

数打ちゃたまには大当たり!!

 ってとこですかねw

 

MH3で、リオレイアティガレックス

あたしのことを相当恐れてましたから!!

「うわぁ~><また来よった~w

暴走ハンマ~おばちゃんや~www逃げろ~~><」

 

一発一発に心を込め、丁寧に!

おじちゃんからのアドバイスを胸に

今日から、アニ~の主戦武器はハンマーです!

 

 

 

 

真鎧玉を求めて

逆鱗と同じ!まったく出ません。

 

物欲センサー・・・説明は不要ですね。

これ・・・

リオレウスの素材「火竜の逆鱗」

で、苦労された方多いんじゃないでしょうか・・・

様々な都市伝説も誕生しましたね。

尻尾切った直後の新鮮さが大事だ!

な~んてね。

 

 ってことで

このセンサー、XXでも健在で御座います。(チクショ~><)

真鎧玉がでましぇん><

欲しいと思うようになってからまったく出なくなっちゃいましたw

 

なんとかしなきゃ、いつまでたっても装備の強化が進まない。

え?

あ~・・・カマキリのクエで出てくるのは勿論知っています。

でもね~、一人で行こうとは思わないし(って言うかあたしでは無理)

なんと言っても、ノラで迷惑はかけたくないし・・・

なので、もっぱら地底火山の採取ツアーをやっているのですが

・・・出ない><

 

そんな時フレさんから

「え?隠し味のクエなら掘っても結構出るし、報酬でも出るよ!」

「お!」

素敵な情報を頂いたので早速やり込みました。

結果は・・・やっぱセンサーフル稼働中><

3回行って1~2個出る程度ですw

 

「そんなもん、うちとこには置いてないっすよw」

素材屋のお兄ちゃんの、馬鹿にしたような

冷めた薄笑いの表情が甦ります。

実際にはそんな会話なんかありませんがね。(ごめんなさい><)

 

下記がアニ~の旅程です。

あ、参考にしちゃいけませんから!

センサー乗り移っちゃいますよw

 

 G3「隠し味は燃石炭」 ~ 燃石炭20個の納品 ~

<持ち物>

 ピッケル類(ボロまでは不要かと)

 モドリ玉

 素材玉

 ドキドキノコ

 閃光玉(またはけむり玉)

 生肉

 肉焼機

以上

 ○ お肉は、強走薬を作る材料となる生焼け肉を焼くためです。

   強走薬不要って人は不要ですね。

 ○ Xで、たん掘れ用にギルドガード蒼一式を作っていたので

  お護りハンター付きで、暑さと地形やられが無効です。

   なので、この装備がない人は要クーラードリンク。

 ○ ねこ飯は、トレトレか秘境か迷うところですが

  やるたびにスタート地点が変わるってのが面倒なので

  秘境一択でやっています。

 ○ ただし、念のため言っておきますが

  秘境での採掘で、真鎧玉出たためしがありません><

  なので、開始地点がランダムでもオーケーなら

  トレトレを選ぶのも良しですね^^><

  

  1 秘境9スタートで、燃石炭10個掘れればモドリ玉(手順4へ)

     ここではイーオスが結構いて煩わしい限り><

     なので、閃光玉(またはけむり玉)を使用します。

     10個たまらなければ8へ移動。

  2 8には高確率でウラガンキンがいるので、挨拶だけして3へ退散。

  3 3でたぶん10個貯まるのでモドリ玉でいったん帰還。

  4    ベースキャンプにて生焼け肉を作り、宅ニャン便に配送を依頼。

  5 再スタート。1から2→8と惚れるところは掘って進みます。

              この間に、どうしてもガンキン坊やの相手を しなきゃなんない時

    があるので、その時は閃光玉(またはけむり玉)を使います。

     ここを掘り進めば、ほぼ間違いなく10個 貯まって

    クエスト要件クリアなので、これで戻るもよし、

    レア護石を求めて先に進むもよし。

  6 進む場合は、6経由で7の西端で掘ってから4へ飛び降ります。

    飛び降りた所からすぐ先に確定で青の石柱があります。

  6   ここを掘り終わったら、旅程完了!モドリ玉で帰還。

  7 残り10個を納品してクエストクリア! 

  

  所用7~8分程度。

  なお、納品をたん掘れ式の様に色々やってみてるのですが

  今のところ、まったく効果はありません。

 

  ふふふ・・・w

  なんか笑えてきます><

  な~んでこんな事を書く気になったんだろ・・・

 

  よっぽど切羽詰まってるってことでしょうかね><

  (うん!詰まってる><><)

  ま~腹立ち紛れに書き散らすって奴ですw(ごめんなさい><)

  なんか、謝ってばっかですが・・・ごめんなさい。

  

  P.S.     だれか、アトラル・カ連れて行ってくれませんか~?

             手順もなにも判っていないおバカさんで、途中離席あるかもの

             はた迷惑キャラですけどwww