イビルジョ~ ?

なんかな~・・・w

 

こんばんわ。

アニ~です。

 

ちょっと・・・

と言うか、かなり残念なジョ~さんでしたw

 

イビルジョ~と闘うまでの道筋は単純です。

あまりベラベラしゃべっちゃうとあれなんでw

大まかに言えば

各エリアの探索のページで

出現モンスターに???があれば

そこを探索して、???の痕跡を

一定数集めればおk。

って感じです。

 

で、ジョ~さんなんですが・・・

かなり弱めの設定ですwww

一周まわって噛みついたり

前進しながら左右に連続噛みついたりと言ったアクションもなく

当然、怒り狂うジョ~さんのあの恐怖のアクションなんて

まったくやってくれませんw

 

歴戦でそこそこ闘えるハンターさんなら

物足らないと思います。

 

たぶん歴戦個体でそこそこ強くはするんでしょうけど

本領発揮は

たぶんGまで待たなきゃなんないのかな~

ってあたしは思いますw

 

ホントは

初見で

世界中のハンタ~さんを

震え上がらせて欲しかったんですけどね~><

 

拠点に戻り、すやすや眠っている

ジョ~さんを見に行く・・・

ちっちゃ><

 

 

怖い><けどうれし~^^

胸のすく思いです^^

 

こんにちわ~

アニ~です!

 

皆さん!見ました~?

あれですよあれ!

ジョ~さんがバゼルギウスくわえて振り回してるPV!!!

 

いや~、なんかメッチャ嬉しいんですけど^^w

 

あたしが初めてジョ~さんを知ったのはトライの集会所。

当時駆け出しハンターだったあたしは

イビルジョ~ってとんでもないのがいるってことは

知っていましたが

まだHRも足らず、まみえるのはずっと先の話

だと思っていたんです。

ところがある日、たまたま集会所で一緒になったHR3桁の猛者ハンターさんから

「そ~か、じゃ~今から見に行ってみる~?

G樽持って!ただし指示には絶対に従ってよ~w

でないと即行でキャンプ送りだから。」

と誘われて連れて行ってもらったのが

孤島でのジャギノス25頭退治・・・w

 

ん?

どいうこと???

といぶかしがる間も無く、確かエリア5に集合がかかり

「ここでしゃがんでて!動いちゃいけないよ!」

と言い残し、猛者さんは眠り生肉を撒いてまわり

続いて煙り玉を投げ始めました。

 

な・・・なにが始まるんだ・・・

 

と・・・

煙り玉の影響でかすむその先の地面から

黒光りする山のようにでかいモンスターがわき出てきたんです。

!!!でか~~~><

 

煙り玉のお陰で見つかってないので、ジョ~さんの音楽は

まだかかっていません。

静寂の中で、ジョ~さんはのしのしと歩き、やがて眠り生肉を見つけ

むさぼり喰い、そして寝てしまいます。

「おk!頭のところに集まって樽爆セットよろ~」

おそるおそる近づき言われるままに爆弾をセット

しかし・・・

傷だらけのあまりにもでっかい体に

腰が・・・引ける・・・と言うか、すでに腰が抜けかけて

あたし自身が震えている!!!

 

「2にすぐエリチェン出来る所に行って見てて~!」

そう言うと猛者さんは寝ているジョ~さんのサイドに

落とし穴をセットし小樽を置いて起爆!

爆発で起こされたジョ~さんが

よっこいしょと起き上がった所に落とし穴があり

はまるジョ~さん・・・

 

一連の動きをあっけにとられて見ているあたし・・・

狩りってすごい><

 

そして!

ジョ~さんは当然怒ります。

「逃げろ~~~><」

・・・に、逃げれない><

恐ろしくて動けない・・・><

 

結局、熱光線で一瞬にして黒焦げにされ

キャンプ送りとなったあたしでした。

 

長い永いトラウマの期間を克服して

いつしかジョ~さんと平気で闘う事が

出来るようになったあたしですが

あたしにとってのあのシーンは

狩りの真髄と恐怖!

を教えてくれた最高の思い出であり

あたしのハンタ~の原点

と言っても過言ではありません。

 

そんなジョ~さんと22日の木曜日に

ワ~ルドで再会できる!

なんとうれしいことでしょ~!

 

しかもPVで

今回ホントお邪魔虫・・・だけど侮れない

バゼルギウスをなんと!

くわえて振り回してる!!!!!^^

 

怖い><けど

ほんとにうれし~です^^

 

 

弓に魅せられて

風邪をひいてしまいました><

やっと暖かくなってきたと思う間も無く寒のぶり返しで

体がついていけませんw

 

さて、目標にしてきた真のハンターランク解放で

野良デビューと弓の作成が解禁となりました!

 

そこで、まず今回は弓について語っていきたいと思います。

 

あたしと弓との付き合いはユクモ温泉時代にまで遡ります。

 

あの頃、温泉街では

ファーレンフリードがすごい!

と評判で、そこそこ弓を作って遊び程度に使っていたあたしは

そなんだ!じゃ~試してみよか~!

ってな軽い乗りで担いで行った渓流で

わずか2~3分で、上位のアオアシラを討伐してしまったんです・・・

 

ファーレンフリード

まがう事なき名器!

知っている方なら

語り出すと切りが無い程うんちくのある弓なんですが

 結論を言ってしまえば

連射矢アップ、集中、弱点特効等々

適切なスキルを付加させた上で

弱点を、溜め3で射ち続ける!

ってPSがあればの話ですがw

まさに敵無し!

と言っても過言ではない素晴らしい弓でした。

 

そして、ここからあたしの弓時代は始まったのです。

 

しかし!

今回ワールドで、なんと弓の仕様や操作方法が

刷新されてしまいました><

器用?!なあたしにとって

これは由々しき重大事です・・・

使いこなせるのか不安で仕方ありません。

 

ま、使わずに不安がっても仕方ないので

とりあえず、手持ちの素材をかき集め

半日かけて作りました!

 

まず、かつぐ弓は2種!

羽々矢と龍骨弓Ⅲです。

 

羽々矢は普段着で、龍骨弓Ⅲは対古龍用って感じですね^^

 

防具は

バゼルヘルムβ

ツィツィメイルβ

カイザーアームα

バゼルコイルβ

レウスグリーブα

体術の護石Ⅲ

 

発動スキルは

耳栓5

体力増強3

弱点特効3

弓溜め段階解放

体術4

雷属性強化1又は龍属性攻撃強化1

見切り1

 

今のところ爪、護符込みで

防御力が419

 

って感じです。

 

一応格好だけはw

ってところで、まだまだこれからなんですが

 

ま、当分ハンマー封印して

この弓かついで

手なずけていきたいな~と思っています^^

 

でわでわ^^