MHXX 狩り仕事家事!三っ巴奮戦記  

4Gにはまった高校生の息子が、ぬる過ぎると酷評し、まったくやらなくなったクロスを「もったいない><」から始めた働く主婦の狩人のつぶやきです。

ラージャン嫌い

G4に突入しました。

フムフム・・・

ティガレックス、イビルジョーディアブロス・・・

へ~・・・ラージャンね~・・・・・・・(涙)

まあ、モンハン看板スターの揃い踏みと言ったところですか!

いよいよここからが本番!って感じですね。

 

ところでG級と聞いて、皆さんはどんなイメージをお持ちですか?

これまでに、何度かそれらしきニュアンスのお話しはしてきましたが

アニーは無印モンスターハンターを皮切りに、特にP2Gでモンハンに

もまれました・・・いえ、もみくちゃにされました><

あたしにとって、キングチャチャブーを手始めとして、ヒプノックから

始まる数多くのG級モンスター達は、脅威以外の何者でもありませんでした。

例えばナルガグルガ・・・「絶影」と言う、それだけで芸術祭参加作品

と言えそうな素敵なタイトルとは裏腹に・・・絶影とは、倒れている

あたしの無惨な姿を言ってるんだと、呆然自失に陥ったあの頃・・・

例えばイヤンガルルガは「月に吠える」・・・も~~~固くて痛くて><

そして・・・「破滅と滅亡の申し子」・・・そう、ラージャンです。

お会いしたのは一度だけ・・・以降長い間、あの・・・破壊光線の

トラウマから立ち直る事が出来ませんでした。

とにかくG級モンスターってのは格別に強かったです。

だからこそ、今回もG級突入に当たって、相当に覚悟しました・・・

が、ここまでこれと言った壁はありませんでした。

実は(内緒の話です><)未だにXで作った武器と防具で闘っている

のですが、火力不足や防御力の貧弱さを感じたことがないのです。

「G級・・・大したことないな~・・・もっと歯ごたえないの~?」

・・・・・・

井の中の蛙、大海を知らず・・・・

あたしが、おバカさんでした。

 

雪山で、10分とかからず仕留め・・・・上げられました~~><

 

ラージャン・・・嫌いです><

大嫌いでっす><